観自在王院跡

観自在王院跡

浄土式庭園

毛越寺に隣接する観自在王院跡は、奥州藤原氏の二代基衡の妻室によって造営されたと伝えられる寺院の跡。東西120m・南北240mの土塁で囲まれていたと推定される敷地内に、浄土庭園の遺構がほぼ完全な形で残り、「旧観自在王院庭園」の名称で国の名勝に指定されている。舞鶴が池を中心に池西岸に荒磯風の石組み、中島、洲浜、鐘楼、普賢堂跡があり、池の北側には大阿弥陀堂と小阿弥陀堂の跡が残っていて、無量光院と同じく極楽浄土を表現した庭園と考えられている。2011年には、中尊寺、毛越寺、無量光院跡などと共に「平泉 – 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の一つとして世界文化遺産に登録された。史跡公園として整備され、一画で催し物が行われたりと市民の憩いの場となっている。

観自在王院跡の魅力をフルスクリーンで見る

Japan web magazine’s recommend

観自在王院跡

+-で地図を拡大縮小

Share