「神秘の湖」 コバルトブルーの美しい湖「倶多楽湖」へ行こう

神秘的なコバルトブルーの湖面が美しい、日本有数の透明度を誇る湖「倶多楽湖」、登別温泉にほど近い場所にある美しい湖へ。

夢の風景 コバルトブルーの湖

倶多楽湖晴れた日の倶多楽湖の神秘的なコバルトブルーの湖面

今や海外でも人気の「登別温泉」にほど近い北海道白老郡白老町「支笏洞爺国立公園」の特別区域内に位置する湖が「神秘的な湖」として知られる「倶多楽湖(くったらこ)」です。湖としては小さいながらも、直径約3キロメートル、周囲約8キロメートルのほぼ円形をしたカルデラ湖、近隣に人が住んでいないので民家などがなく、湖に流出入する河川もないために、大変に綺麗な水を湛えています。

倶多楽湖看板の「神秘の湖」文字。倶多楽湖は支笏洞爺国立公園の特別区域内に位置しています

その透明度は同じ北海道にある「摩周湖」に次いで日本で第二位ともいわれる水の綺麗さを誇る倶多楽湖。「霧の摩周湖」などとして、とても知名度の高い「摩周湖」と比較すると、あまり知られてはいませんが、なるほど、実際に足を運んでみると日本で第二位の透明度というのも頷ける、その水の清らかさ、美しさに驚きます。

岸辺に立つと、あまりの水の美しさに水底の石が透けて見え、遠くの方では空の色を反射して、見たこともないような美しいコバルトブルーの湖面となっているのが見えます。

季節や天候によって、湖面の色や全体の美しさは変化するといいますが、取材スタッフの訪れた、良く晴れた初夏の午前中の、さんさんと太陽の光が降り注ぐ明るさの中では、その「コバルトブルー」の美しい湖面と周囲の新緑の木々の色の鮮やかなコントラストはとても美しいものでした。

倶多楽湖倶多楽湖の湖水

倶多楽湖へのアクセス

倶多楽湖へ行かれる際は、基本的に車でのアクセスとなります。高速道路でアクセスする場合は、道央自動車道の登別東インターチェンジで下り、道道2号「洞爺湖登別線」から道道350号「倶多楽湖公園線」を経て、およそ8キロメートルほど。公共交通機関でアクセスされる場合は、室蘭本線の「登別駅」から、道南バスで約20分の登別温泉まで行き、終点で下車、そこからさらにタクシーなどで15分程で倶多楽湖に到着します。

倶多楽湖

倶多楽湖に着いて、何よりもまず感動するのがその美しさです。湖の周りの自然環境の美しさもさることながら、湖の水の透明度、綺麗さに目を見張ります。風で静かにゆれる湖面。湖に近づいてみると水底の石が沈木がくっきりと見えます。

倶多楽湖運よく、周囲に人があまりいなければ静寂の中、美しさを堪能できます

倶多楽湖透明度の高い倶多楽湖の水。透き通って、水底の石がよく見えます

心地よい風が吹いてくると、その爽やかさはなお一層素敵なものとなります。そよそよと吹く風が湖面に作り出す美しい文様。しばし、ゆらゆらと揺れながら、静かに消えていきます。

湖畔には、季節限定営業(夏季のみ営業)のレストハウスが一軒。ボートを借りてヒメマス(チップ)釣りに興じることもできます。(例年5月中旬から7月末まで)このヒメマス(チップ)は、1909年(明治42年)、卵が十和田湖から取り寄せられ、養殖されたもの。今では自然繁殖しているといいます。

倶多楽湖の風景
倶多楽湖の風景
倶多楽湖の風景

Japan web magazine’s recommend

倶多楽湖

Share