東海道五十三次

1832年(天保3年)、御所に馬を納める「御馬献上」の公式派遣団の1人として東海道を旅した歌川広重が制作した浮世絵木版画の連作「東海道五十三次」(東海道五拾三次)は、出版から180年以上経った今も頻繁に世間の耳目を集め、日本のみならず、世界中にファンがいる名作だ。美しい色と秀逸な構図で描き出された一枚一枚が、写真や映像がまだなかった時代の東海道の情景、人々の表情とその暮らしを生き生きと私達に伝えてくれる。

東海道五十三次

日本橋

東海道五十三次

日本橋(後版)

東海道五十三次

品川宿

東海道五十三次

川崎宿

東海道五十三次

川崎宿(後版)

東海道五十三次

神奈川宿

東海道五十三次

程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)

東海道五十三次

戸塚宿

東海道五十三次

戸塚宿(後版)

東海道五十三次

藤沢宿

東海道五十三次

平塚宿

東海道五十三次

大磯宿

東海道五十三次

小田原宿

東海道五十三次

箱根宿

東海道五十三次

三島宿

東海道五十三次

沼津宿

東海道五十三次

原宿

東海道五十三次

吉原宿

東海道五十三次

蒲原宿

東海道五十三次

由比宿

東海道五十三次

興津宿

東海道五十三次

江尻宿

東海道五十三次

府中宿

東海道五十三次

鞠子宿

東海道五十三次

岡部宿

東海道五十三次

藤枝宿

東海道五十三次

島田宿

東海道五十三次

金谷宿

東海道五十三次

日坂宿

東海道五十三次

掛川宿

東海道五十三次

袋井宿

東海道五十三次

見附宿

東海道五十三次

浜松宿

東海道五十三次

舞阪宿

東海道五十三次

新居宿

東海道五十三次

白須賀宿

東海道五十三次

二川宿

東海道五十三次

吉田宿

東海道五十三次

御油宿

東海道五十三次

赤坂宿

東海道五十三次

藤川宿

東海道五十三次

岡崎宿

東海道五十三次

池鯉鮒宿

東海道五十三次

鳴海宿

東海道五十三次

宮宿

東海道五十三次

桑名宿

東海道五十三次

四日市宿

東海道五十三次

石薬師宿

東海道五十三次

庄野宿

東海道五十三次

亀山宿

東海道五十三次

関宿

東海道五十三次

坂下宿

東海道五十三次

土山宿

東海道五十三次

水口宿

東海道五十三次

石部宿

東海道五十三次

草津宿

東海道五十三次

大津宿

東海道五十三次

京都 三条大橋

東海道五十三次の魅力をフルスクリーンで見る(日本橋から島田)

東海道五十三次の魅力をフルスクリーンで見る(金谷から京都)

Japan web magazine’s recommend

Share