糸数城

糸数城

沖縄本島南部の南城市糸数にある糸数城(いとかずぐすく・いとかずじょう)は、琉球の戦国時代(中山国(浦添王朝)、南山国、北山国の三国が分立して覇を争っていた三山分立時代)の初期(14世紀前半頃)に築城されたと推測されている城だ。西側の守りとして、この地を任された玉城按司の三男・糸数按司が築城したとされている。伝承では、その後、城を改修・増築中に、上間按司に急襲され落城。野面積みと切石積みで造られた高さ6メートルに及ぶ美しくも強固な城壁や城門が今も残る。城壁の上からは太平洋と東シナ海を望むことができる。国の指定史跡。

糸数城の魅力をフルスクリーンで見る

糸数城
糸数城
糸数城
糸数城
糸数城
糸数城
糸数城

  

糸数城

   

糸数城糸数城
糸数城
糸数城
糸数城
糸数城
糸数城

Japan web magazine’s recommend

糸数城

+-で地図を拡大縮小

Share