大嶽山 那賀都神社の麓で出会ったニホンザル

大嶽山那賀都神社麓の猿

山梨県山梨市三富上釜口にある大嶽山那賀都神社(だいたけさんながとじんじゃ)は、緑濃い山の中に鎮座する神社。五穀豊穣、病気平癒、家内安全、商売繁盛、学業成就等の御神徳があるといわれるが、中でも子宝が授かるとして知られ、遠方からも参拝客が訪れる。

写真は、その大嶽山那賀都神社の麓で出会ったニホンザル。突然、ぴょんと目の前に飛び出してきて、笛吹川の支流にかかる赤錆びた橋の上で何かを一心不乱にいじっている。

野生の動物の中では、ニホンザルは比較的よく目にする動物ではあるが、突然姿を現すとやはり目を引く。ニホンザルは、ひとしきり橋の上で何かと戯れた後、ひょいとこちらを一瞥した後、また山の中に消えていった。

ほかの動物に比べると人に近い形をしていながら、この素早さ、神出鬼没な雰囲気は、古来より「山の神」とされてきた、というのも頷ける。気まぐれな「山の神」は、その後も幾度か目の前に姿を現してはあっという間に山の中に消えていったのだった。

撮影場所

Share