御師 旧外川家住宅

旧外川家住宅

御師 富士信仰

国道137号線と139号線の交差点に立つ鳥居「金鳥居(かなどりい)」から、南西方向に約400メートル、歩いて約6分ほどの場所にあるのが、旧外川家住宅だ。通称「富士みち」とも呼ばれる国道137号線・139号線は、富士山信仰の重要な拠点・北口本宮冨士浅間神社から吉田登山道へと続く道で、かつてはこの道沿いに多くの御師の家が立ち並んでいた。「御師」とはひらたく言えば、富士山を信仰し富士山に登る人々(富士講の人々)の為に祈祷し、世話をし、様々な便宜を図る役割を担う人々で、富士講でやってきた人たちはまずこの御師の家に立ち寄った。御師は、まさに富士信仰には欠かせない存在であり、最盛期には周辺一帯に80軒以上もの御師の家が立ち並んでいたという。

御師 旧外川家住宅の魅力をフルスクリーンで見る

旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅
旧外川家住宅

Japan web magazine’s recommend

Share