豪徳寺

豪徳寺

招き猫発祥の地

小田急線「豪徳寺駅」から徒歩約10分、東急世田谷線「宮の坂駅」からなら徒歩で約5分、世田谷区の閑静な住宅街の一角に広大な敷地を誇る寺院がある。招き猫の発祥の地の一つとしても知られる豪徳寺だ。1480年(文明12年)、世田谷城主・吉良政忠が伯母の弘徳院の為に建てた寺院がその始まりといわれる寺院で、初めは臨済宗だったが、1584年(天正12年)に曹洞宗となった。1633年(寛永10年)には彦根藩主・井伊直孝が伽藍を整備し、井伊氏の菩提寺とした。境内の一画は井伊家の墓所となっており、滋賀県彦根市にある清涼寺、東近江市にある永源寺の井伊家の墓所と共に、「彦根藩主井伊家墓所」として国の史跡に指定されている。また、桜田門外の変で命を落とした井伊直弼墓もありこちらは東京都の史跡に指定されている。

豪徳寺の魅力をフルスクリーンで見る

豪徳寺

彦根藩主と招き猫

徳川秀忠、家光、家綱に仕えた彦根藩第二代藩主・井伊直孝が、鷹狩りの帰りに豪徳寺のそばを通りがかった際、門前にうずくまっていた白い猫が頻りに手招きをするので、不審に思って馬を止め、寺に休息を願い出た。寺の和尚が渋茶などを振る舞いもてなしている内、みるみる空が掻き曇り夕立が降り始め、雷鳴が鳴り響く。そして轟音と共に雷が落ちた。井伊直孝らは和尚の説く三世因果の説法を聞いていたが、この不思議な因縁に感じ入り、命拾いしたことを感謝して、以後この寺に帰依したという。

井伊直孝ら一行を雷雨・落雷から救ったといわれるこの「白い猫」が「招き猫」の元になったといわれている猫だ。豪徳寺では、招福猫児(まねぎねこ)として祀り、本堂正面左側には「招猫堂」と呼ばれる小さなお堂も建っており、大小様々な沢山の招き猫の置物が奉納されている。ちなみにこの白い猫は、ゆるキャラブームの先駆けであり、彦根城のマスコットとして知られるひこにゃんのモデルになったネコでもあるのだ。

豪徳寺

桁行5間(17.7m)、梁間6間(15.8m)、一重裳階付、入母屋造の豪徳寺仏殿。1677年(延宝5年)建立。

豪徳寺

豪徳寺鐘楼と梵鐘。梵鐘は、1679年(延宝7年)に近江大掾藤原正次によって制作されたもの。

豪徳寺

豪徳寺参道。

豪徳寺豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺豪徳寺

Japan web magazine’s recommend

豪徳寺

+-で地図を拡大縮小

Share