伊勢うどん

伊勢うどん

伊勢名物

伊勢地方ではかつて、うどんに味噌の上澄み(たまり)をかけて食べていた。江戸時代が始まる前後のことだ。この素うどんとよばれるシンプルなうどんを、たまりに鰹節などでとった出汁を加え、より美味しくより食べやすく進化させたものが、この伊勢うどん。約360年程前、浦田町橋本屋七代目の小倉小兵なる人物が始めたのが最初だという。それ以来、地元の人々の間ではもちろん、お伊勢参りにやってくる日本中の人々が口にするようになり、いつしか伊勢の名物になったというわけだ。

伊勢うどんの特徴は、いわゆるコシのない柔らかめで太いうどんであること。それに、色の割には塩辛くない、出汁の効いた甘めのタレが絡む。トッピングはシンプルにネギ。シンプルながらもコクのある味わいが、やみつきになるうどんだ。

伊勢うどん

どんなものか知らずに初めて注文すると、出されたどんぶりを見て、(食べる前なのに)面(麺)食らう。あれ、つゆもなにもないの?と。下からかきあげるようにして混ぜてから食べるのが正解。

伊勢うどん
伊勢うどん

お店によってはこのように上にしっかりとかけられている。味は少々甘めの所も。

伊勢うどん

JWMおススメの伊勢うどん 関連商品

Share