大光寺

新四国相馬八十八箇所霊場の四十二番札所 千葉県我孫子市の大光寺は、真言宗豊山派の寺院。旧水戸街道が大きくカーブする角にある。志賀直哉の「和解」にも登場するこの大光寺の創建は室町時代にさかのぼり、水戸街道・我孫子宿の中心に

続きを読む

志賀直哉邸跡

志賀直哉は1915年(大正4年)、柳宗悦の勧めによって手賀沼の畔に移り住み、1923年(大正12年)京都に移るまでの7年半を過ごした。「和解」「暗夜行路」「城の崎にて」「小僧の神様」などがここで執筆されている。茶室風の書

続きを読む