志賀直哉邸跡

志賀直哉は1915年(大正4年)、柳宗悦の勧めによって手賀沼の畔に移り住み、1923年(大正12年)京都に移るまでの7年半を過ごした。「和解」「暗夜行路」「城の崎にて」「小僧の神様」などがここで執筆されている。茶室風の書斎が復元され一般に公開されている。

この記事を書いた人

Toku

その場所に行ったら、見るべき場所、食べるべき料理・スイーツ、訪れるべきスポットなど、有名無名を問わず独断と多少の偏見と多分の好みを交えてご紹介します。好きなものはカレー、苦手なものは喧噪。

Toku の記事数 70 Toku の投稿一覧 See all posts by Toku

東京の桜 桜のある風景 六義園の桜の風景