成城石井自家製「シンガポール風ラクサ」が最優秀賞を受賞!~お弁当・お惣菜大賞2015~

main
麺部門最優秀賞受賞商品  成城石井自家製「シンガポール風ラクサ」

成城石井の自家製惣菜「シンガポール風ラクサ」が、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会主催の「お弁当・お惣菜大賞2015」において、全国各社44,746件に及ぶエントリーの中から麺部門の最優秀賞を受賞した。

同商品は、ココナッツミルクをベースとしたレッドカレー風味のスープに、米麺や鶏肉、厚揚げなどが入ったエスニック料理。本場の味わいを追求しながら、日本人の口に合うように開発を重ねた人気商品だ。最もこだわったというスープは、ココナッツクリームのまろやかで濃厚なコクと、さまざまなスパイスや調味料が織り成す奥深い味わい。化学調味料を使わずに作り上げた、エスニック感たっぷりの後引くおいしさとなっている。受賞を記念して全122店舗の成城石井にて、期間限定で販売を再開している。

■深みのある濃厚なスープにこだわった、成城石井自家製「シンガポール風ラクサ」
”ラクサ”とは、シンガポールやマレーシアで定番の屋台料理として知られる、ココナッツベースのカレー麺。成城石井の「シンガポール風ラクサ」の一番の特徴は、あっさりとしながらも濃厚で後を引く味わいのカレースープ。ココナッツミルクではなくココナッツクリームを使用することで、口当たりの良い甘みとクリーミーなコクを引き出している。また、ナンプラー、干しエビといった現地の食材や、複数のスパイスを絶妙なバランスでブレンドすることにより、化学調味料不使用で、心地よい辛さと奥深い味わいに仕上がっている。

麺は、シンガポールで定番の米麺(クイッティオ)を使用。トッピングはラクサに欠かせない厚揚げのほか、自家製の蒸し鶏、香菜、ゆで卵、トマトなどが彩り鮮やかに盛り付けられている。色・味・ボリュームともに満足感のある、食べ応え抜群の一品だ。

■「シンガポール風ラクサ」のほか、2品が優秀賞を受賞
サラダ部門にて「9種野菜のバーニャカウダー」(税抜599円)が、またデザート部門にて「ごろごろ苺とカナダ産ブルーベリーのプレミアムチーズケーキ」(税抜950円)が優秀賞を獲得。これらの商品は一時販売を休止していたが、今回の受賞を記念し、期間限定で販売が再開されている。

sub1
サラダ部門優秀賞受賞商品 「9種野菜のバーニャカウダー」
sub2
デザート部門優秀賞受賞商品 「ごろごろ苺とカナダ産ブルーベリーのプレミアムチーズケーキ」

この記事を書いた人

JAPAN WEB MAGAZINE NEWS

日本各地のイベントやNews、そのほかお役に立ちそうな情報などをお届けします。

JAPAN WEB MAGAZINE NEWS の記事数 916 JAPAN WEB MAGAZINE NEWS の投稿一覧 See all posts by JAPAN WEB MAGAZINE NEWS

旭山動物園