富士の湧水で心穏やかなひと時を!癒しの滝「陣馬の滝」へ

富士山に降り積もった雨や雪が長い年月をかけて地表に出てくる「富士の湧水」。その湧水が集まって流れ落ちる「滝」としては、世界遺産の構成要素にもなっている「白糸の滝」がよく知られていますが、ほかにも幾つか存在します。今日はそんな富士の湧水が流れ落ちる美しい滝をご紹介します。

陣馬の滝陣馬の滝

富士山の水に癒される

静岡県富士宮市は、富士山のお膝元の町の一つ。『富士山と食のまち ふじのみや 富士山の自然に抱かれた やさしく元気なまち』という市のキャッチフレーズ通り、町のそこかしこから、普段富士山を見慣れていない人間にとっては「嘘」のような素晴らしい富士山を拝むことができる場所です。

富士山をこよなく愛する人たちにとっては勿論、普段富士山にあまり縁がなく、身近ではないからこそ、たまには迫力ある富士山を見てみたいと思う人たちにとっても、素晴らしいロケーションの町です。

富士宮市の富士山富士宮市の富士山
富士宮市の富士山
富士宮市の富士山

そんな富士宮市には朝霧高原やふもとっぱらなど「富士山の絶景スポット」と呼べる場所が無数にあるのですが、そのほかにも「富士山」にゆかりの深い場所が多々あります。

五斗目木川の清流と草花
五斗目木川の清流と草花

今日ご紹介する「陣馬の滝」もその一つ。富士山に降り積もった雨や雪が長い年月をかけて地表に湧出し、それが集まって出来た「富士の湧水」の「滝」です。

元来「富士の湧水」は、そのイメージ通り清らかで透き通っていますが、その湧水が集まってできたこの「陣馬の滝」も、とても清らかで実に美しい滝なのです。

陣馬の滝へ

陣馬の滝陣馬の滝の看板

陣馬の滝へは、車の場合は新東名の新富士ICで下りて約45分ほど。滝の周りの道はとても狭く、駐車スペースもそれほど多くはないので、ゴールデンウィークやお盆の時など大変混雑する時期には駐車待ちとなる場合も少なくないので気を付けてくださいね。公共交通機関で行く場合はJR身延線の「富士宮駅」からバスとなります。駅前から猪之頭行きのバスに乗り約40分、「遠照寺ホステル入口」で下車してください。そこから徒歩で10分弱で着きます。

陣馬の滝

駐車スペースに車を止めたらそこから滝まではすぐです。木々の生い茂る中を歩いていくと、清流が見え、その先にさらさらと流れる美しい滝が見えてきます。それが「陣馬の滝」です。

陣馬の滝
陣馬の滝

源頼朝が「富士の巻狩り」で、この滝の近くに陣を張ったことからその名がつけられたと伝えられるこの「陣馬の滝」は富士川水系の清流「五斗目木川」にかかる滝。実際に見ていただくとお分かりのように、上流から流れてくる川の流れに、溶岩層の間から浸み出てきた富士山の湧水が合わさって出来ている美しい滝です。

陣馬の滝
陣馬の滝

白い水の筋が幾本も流れ落ちていく様は、真っ白な絹糸のようにも見え、その清々しさに心が思わず「ほっと」一息つくような、実に美しいもの。とても綺麗で平和な空間です。

陣馬の滝
陣馬の滝

一昔前までは地元の人や一部の人が知るだけの「小さな滝」でしたが、その美しさが評判となり、近年様々なメディアでも紹介されています。各地から人が訪れるようになりましたが、それでもその清らかさは変わらず、時間と日を選べば、あまり混雑せずに静かに平和なひと時を楽しむことができます。

特に天気のいい初夏の平日の午前中などに訪れれば、日頃の喧騒を忘れ、しばし「命の洗濯」「心の休息」を取ることができることでしょう。

陣馬の滝

陣馬の滝

いかがでしたか。涼を求めて暑い日に訪れるのはもちろん、寒い日でも、雨や雪の日でも、それぞれの美しさを見せてくれる「陣馬の滝」。

清らかな清流の傍らで、滝の音を聞き、ぼんやりと眺めているだけで、心が洗われるような心持になります。

春、夏、秋、冬、どの季節に訪れても素晴らしい滝ですので、近くに行った際には是非立ち寄ってみて下さいね。

Japan web magazine’s recommend

地図

Share