• Home »
  • News & Events 一般 »
  • 「次に叩く一回で、その壁は破れるかもしれない」 日本一(!?)熱い男があなたに放つ「元気になれる」メッセージ。

「次に叩く一回で、その壁は破れるかもしれない」 日本一(!?)熱い男があなたに放つ「元気になれる」メッセージ。

img_56336_2

昨年9月に販売を開始した日めくり『まいにち、修造!』(株式会社PHP研究所)が13刷の増刷を決定した。これにより、販売開始5か月で累計発行部数が50万部に達したという。

『まいにち、修造!』は、販売開始以来、口コミなどで販売数を伸ばし、特に、昨年末、テレビ、新聞、雑誌などで「元気になれるアイテム」として紹介されて以降、注文に生産が追いつかず、一部で入荷待ちの状態が続くほどの売れ行きだ。

言葉が味わえる「日めくり」の魅力

カレンダーは年末に売れる季節商品だが、『まいにち、修造!』は、月や曜日が入っておらず、松岡修造さんの言葉と写真で構成した、ひと月31日分の「日めくり」となっている。あえて、カレンダーではなく「日めくり」の形をとったのには理由があるという。

松岡さんは、「自分は決して強い心の持ち主ではない。“言葉”を通じて自分を前向きに変えてきた」と、『まいにち、修造!』のまえがきで語っている。『まいにち、修造!』には、自分の言葉が、元気になりたい人の背中を押せるなら、という松岡さんの思いが込められており、松岡さん自身、以前から相田みつをさんの「日めくり」のファンだったこともあり、繰り返し繰り返し言葉が味わえる「日めくり」という形になったという。

img_56336_1

親子・夫婦、部下や同僚、小学校の校長先生も

「言葉の意味はよく分からないけれど、とにかく見ているだけで元気が出る」「最初は笑って見ていたけれど、今はなぜか、修造さんの言葉に励まされている」「笑いのネタとして友人の誕生日にプレゼントしたら、思いがけず本気で喜んでくれた」など、多くのメッセージが寄せられているといい、最近では、就活や受験を控えた人やその家族、部下や同僚と職場で共有する人、授業前にその日の言葉を読み上げる、学校や塾の先生、「学校だより」で紹介したいという小学校の校長先生など、家庭や職場はもとより、教育の場でも活用されているケースも増えているという。

『まいにち、修造!』をデスクに置いたり、壁に掛けることで、親子・夫婦や、職場・学校・サークルなどの、年齢の離れた人たちの新たなコミュニケーションのきっかけにもなっているようだ。

昨年、『まいにち、修造!』が注目されるのと並行して、錦織選手は全米オープンに準優勝。ツアーでも4回の優勝を果たした。また今も、全豪オープンの初戦を突破、2戦目も逆転勝ち、5年連続で3回戦に勝ち進んでいる。この大躍進が日本を元気にするように、『まいにち、修造!』も元気をゲットするアイテムとして、さらに話題になりそうだ。

商品名:『まいにち、修造!』
定 価:1,080円(税込)

関連商品



Share