角館火振りかまくら

kakunodate
写真提供:角館町観光協会

仙北市角館町の小正月行事「火振りかまくら」は、例年2月13日、14日に行われる角館を代表する伝統行事の一つ。

祭りは雪でつくったかまどに薪を入れて燃やすことから始まり、高さ5メートルくらいの長木に稲藁などを巻き付けた「天筆」に火をつけ、正月のお札や松飾、門松などを焼き、一年の無事を祈願する。

「火振り」は、炭俵に1~1.5メートルくらいの縄を結び、雪で作ったかまどの中でおこした火をその俵につけ、縄の先端を持ってぐるぐると円を描くように自分の体の周囲を振り回し、火で体を清めながら、田んぼの厄を払うとともに、無病息災や家内安全などを祈る。

雪景色に幻想的に赤く浮かぶ火の輪と、天筆が夜空にゆらめく風景は印象的。

スケジュール

【2月13日(金)】会場:桜並木駐車場(夜店出店あり)
17時00分 オープニング(花火打ち上げ=のろし) 祈願祭・炭俵等お祓い、会場、武家屋敷通り、桜並木駐車場前歩道の雪灯ろう、ミニかまくら、光の回廊点火
17時30分頃 火振りかまくら
18時30分頃 お焚上げ、どんと焼き(古いお礼札、お守り、しめ飾りを御浄火でお焚上げ)
19時00分頃 天筆焼き、火振りかまくら
20時00分頃 冬花火打ち上げ(協賛企業・団体提供による大スターマイン花火他打ち上げ)
※天候等の事情によりイベントが変更になる場合もあり。

【2月14日(土)】会場:町内各所

Japan web magazine’s recommend

関連商品


Share