とうふちくわ

江戸時代、鳥取藩主であった池田候が民に質素倹約を命じ豆腐を奨励したことがその誕生のきっかけといわれる「とうふちくわ」は、主に鳥取県の東部地域で食べられている郷土の味。文字通り、豆腐と魚のすり身を原料に、丁寧に蒸し上げて作

続きを読む

いぎす

主に鳥取県の中部地方で食されている「いぎす」は、春にかけて繁殖するいぎす草と呼ばれる海藻を天日で乾燥させた後、戻して弱火で煮溶かし、型に入れて固めたもの。原材料は「いぎす草」のみ、という実にシンプルでヘルシーな食べ物だ。

続きを読む