• Home »
  • News & Events 一般 »
  • 各国々の選りすぐりの名品を取扱う『Wass/ワス』が11月19日(水)ザ・リッツ・カールトン東京にオープン

各国々の選りすぐりの名品を取扱う『Wass/ワス』が11月19日(水)ザ・リッツ・カールトン東京にオープン

main

2014年11月19日(水)、独自にセレクトされた各国々の選りすぐりの名品を取扱う『Wass/ワス』がザ・リッツ・カールトン東京45階にオープン。

『Wass/ワス』
W・・・Winter
a・・・Autumn
s・・・Summer
s・・・Spring

その国々の豊かな風土に根ざし、四季折々の風趣を映しとり、時をかけて受け継がれ、洗練された手仕事のぬくもり。この ‘手仕事のぬくもり’ をとおして多様な伝統美の世界、また奥深い伝統工芸の魅力を紹介。

工芸の本質である ‘手仕事’ の素晴らしさ。それは、ひとつとして同じもののない表情や、作り手の息づかいを感じさせる豊かな質感にある。

sub2

sub3

sub4

その最高の ‘手仕事’ の魅力を手にとり、四方から眺めながら、愉しんでみてはいかが。

工芸の世界をよくご存知の方も、あまり馴染みのない方も、かけがえのない一点にめぐりあうことができるかもしれない。

【Wass/ワス】
『Wass/ワス』では、コンセプトに基づき独自に セレクトした各国々の名品を取揃え販売。

工芸品をより身近に感じていただければと、作り手が在廊し月1回のペースで展示会も開催。
またブライダル用の引出物の取扱いや、‘日本’に特化した伝統工芸品をオンラインでも販売。

〔オンライン販売〕
http://www.roku-shop.com/

〔第1回展示会〕
新里明士展/Artcraft Exhibition by Akio Niisato

sub1

日本の伝統技術・蛍出を駆使し、無数の穴がリズムを紡ぎ合う新里氏の「光器」の作品は、日本に留まらず海外でも高い評価を得ている。今回の展示会では「光器」に加え、流れるようなフォルムの小壷など小さな作品を中心に美しい青と白のコントラストの中、新里氏の世界観をより深く堪能できる。

 ・日 程:12月5日(金)~ 12月14日(日)
 ・時 間:10:00~21:00
 ・在廊日:12月7日(日)(新里氏が在廊)

新里明士(にいさと あきお)
1977年生まれ 千葉県出身。
早稲田大学哲学科を中退後、多治見市陶磁器意匠研究所で陶磁器の技術を学ぶ。現在は、岐阜県土岐市で制作。国内にとどまらず、韓国、イタリア、オーストラリアなど、海外でも高い評価を得ている。

【店舗詳細】
オープン:2014年11月19日(水)
店 舗 名 :Wass/ワス
住   所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ザ・リッツ・カールトン東京45階
営業時間:10:00~21:00(不定休)
電   話:03-3423-0006

Share