高尾山 カマキリの幼虫

カマキリの幼虫

東京都心から約1時間、東京都八王子市にある高尾山に登っていた時の事。

ふと腕に何かが動く気配を感じて見てみると、小さなカマキリの幼虫が乗っかっていた。どこからついてきたのだろう。木の枝からぽとりと落ちてきたのだろうか。指を近づけると、親指の頭ほどもない小さな体ながら、一丁前に鎌を掲げて臨戦態勢。本能のなせる技なのだろう。自分がどんなに小さくても、相手がどれほど大きくても全くひるまず、向かっていこうとする様子は逞しくて健気。近くに居た子供たちも、興味深げに覗きこんできた。

自然界に生きるほかの昆虫や魚などと同じように、このカマキリも数百匹生まれても、無事成虫になれるのはわずか数匹という。鎌でもってほかの昆虫を捕まえる強そうなイメージのある成虫でも、鳥や小動物にはまったく敵わない。ましてや、小さな幼虫では、常に天敵に囲まれているようなものなのだ。

「天敵じゃないから安心しな」と言いながら写真を二、三枚撮った後、「無事に大きくなれよ」と近くの木の枝に放す。「またな」とでも言うように、鎌をちょいと持ち上げてから、去っていくカマキリ。もう二度と会うこともないだろうカマキリとの一瞬の交流。こんな時間も、普段の都会暮らしでは中々味わえない、自然の中ならではの醍醐味だ。

高尾山へは新宿駅から京王線で高尾山口駅、または中央線で高尾駅経由、京王線高尾山口駅へ。車の場合は中央自動車道八王子JCT経由、圏央道高尾山ICから新宿方面へ約5分。山内は、登山道も整備され、ケーブルカーもあるので気軽に山歩きが楽しめる。

撮影場所

Share