阿波神社

阿波神社

静寂の中に佇む神社

徳島県鳴門市大麻町にある阿波神社は、1221年(承久3年)に勃発した承久の乱の後、同年に土佐へ、さらに1223年(貞応2年)に阿波に移り約9年滞在の後、1231年(寛喜3年)にこの地で崩御した土御門天皇を御祭神として祀っている神社。撫養街道に面した一画に土御門天皇火葬塚があり、そのすぐそばに参道がある。1940年(昭和15年)に紀元二千六百年記念行事として、それまでの丸山神社から社名を阿波神社に改め、造営を開始、延べ7万人の勤労奉仕によって1943年(昭和18年)に竣工したという立派な本殿が、よく整備された境内に建つ。温情深く、争い事を好まず、人の喜び悲しみを理解し、歌を愛したという土御門天皇の面影が残るかのように、実に穏やかで落ち着いた佇まいの神社だ。

阿波神社の魅力をフルスクリーンで見る

阿波神社
阿波神社
阿波神社

   

阿波神社
阿波神社

   

阿波神社

   

阿波神社阿波神社
阿波神社
阿波神社
阿波神社
阿波神社阿波神社阿波神社阿波神社
阿波神社

Japan web magazine’s recommend

阿波神社

+-で地図を拡大縮小

Share