戸隠神社

戸隠神社

戸隠神社(とがくしじんじゃ)は長野県長野市にそびえる標高1904メートルの戸隠山の麓にある神社。創建は、一説には2000年以上前の孝元天皇5年(紀元前210年)ともいわれる古社で、霊山であり修験者の山であった戸隠山にあって、長きにわたり人々の崇敬を受けてきた神社だ。平安時代以降は、それまでの神道や自然崇拝と、天台宗や真言宗といった仏教が混合(神仏混淆)した「戸隠山勧修院顕光寺」として近隣はもとより広くその名が知られ、「戸隠十三谷三千坊」として、比叡山、高野山と並び称される勢力を誇り、各地から参拝者や修験者が訪れたという。

鎌倉時代には、顕光寺(戸隠神社)の別当職が麓にある善光寺の別当も兼ねるようになり、それまで互いに牽制し合っていた両寺が関連を深めることにより、人々も両方を参拝することが多くなった。

戦国時代には、武田信玄と上杉謙信の争いに巻き込まれ、苦難の時代となるが、やがて、江戸時代に至ると徳川家の庇護の下、東叡山寛永寺の末寺となり、次第に農業や水の神としての性格を強める。山中は門前町として整備され、今も威容を誇る杉並木もこの時期に整備されたものだ。明治時代になると、神仏分離、廃仏毀釈の流れの中、顕光寺は寺を分離し、現在のような戸隠神社となった。当時戸隠の各寺院にあった仏像などは、今も近隣の村の社寺に残り、大切にされている。

戸隠神社の魅力をフルスクリーンで見る

戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社

随神門

戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社

Japan web magazine’s recommend

戸隠神社

+-で地図を拡大縮小

Share