松本城

松本城

信濃の名城「松本城」

JR松本駅から徒歩で約20分、現在の松本市役所のそばに聳えるのが五層6階の大天守を中心に乾小天守、辰巳附櫓、月見櫓、多聞櫓などの建物群で構成される松本城だ。築城は1504年(永正元年)、信濃守護家小笠原氏(府中小笠原氏)が林城を築城した際、その支城の一つとして築城された深志城がその始まりとされる。小笠原氏は一度は武田氏に攻め込まれて失脚するが、武田氏滅亡後の1582年(天正10年)、徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が入封し、松本城と命名した。その後は、石川氏、小笠原氏、大坂の陣以降、松平氏や水野氏、戸田松平氏とその主を変えながらも、幕末まで松本藩の中心であった。日本に12ある現存天守の一つで、天守ほか乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓の5棟が国宝に指定されている。

松本城の魅力をフルスクリーンで見る

松本城
松本城
松本城
松本城
松本城

   
    

松本城松本城

松本城

松本城
松本城

松本城

松本城
松本城
松本城

松本城

松本城松本城松本城松本城
松本城
松本城
松本城松本城松本城松本城
松本城
松本城松本城松本城
松本城
松本城

松本城と桜

松本城

Japan web magazine’s recommend

松本城

+-で地図を拡大縮小

Share