春日大社 ~写真で見る日本の魅力 日本の「いいところ」~ 

「古都奈良の文化財」として世界遺産にも登録されている春日大社は、奈良公園の隣に位置する神社。およそ250haという広大な「春日山原始林」を背景に鎮座する。 その歴史は古く、藤原不比等が藤原氏の氏神を春日の山に祀ったのがそ

続きを読む

金峯神社

金峯神社   吉野の最奥に佇む社 桜の名所として知られる吉野は一目千本と言われるその圧倒的壮観を表してエリアごとに山下から山上へ順に下千本、中千本、上千本と呼ばれている。さらにその奥、吉野水分神社から上のエリア

続きを読む

玉置神社

大峰山系の奥地にある聖地 奈良県の最南端に位置する十津川村にそびえる玉置山(標高1,076.4メートル)は、古くから修験者が修行を行い、「霊山」として敬われ信仰されてきた大峰山系の山の一つ。樹高28メートルの神代杉(じん

続きを読む

平城宮跡

平城宮(へいぜいきゅう・へいじょうきゅう)は、現在の奈良県奈良市(および大和郡山市)にあった古都・平城京(奈良の都)の大内裏。 大内裏とは宮城のことで、皇居(=内裏)と諸官庁があった場所だ。 平城京は、今から約1300年

続きを読む

吉野水分神社

  大和国四所水分社の一つ 吉野の中奥、車一台がようやく通れるほどの幅員の道をゆっくり進むと道が大きく右に折れる場所に、古式ゆかしい楼門が印象的な神社が姿を見せる。それが、都祁水分神社、葛城水分神社、宇太水分神

続きを読む

春日大社

  奈良の都を護る古社 春日大社は、同じく世界遺産にも登録されているおよそ250haという広大な面積を誇る手付かずの原生林「春日山原始林」を背景に鎮座する神社だ。都(みやこ)がこの地奈良に遷都された710年、藤

続きを読む

元興寺

幻の塔 かつて東大寺や興福寺と並ぶ大寺院として栄え、南都七大寺の1つに数えられる寺院「元興寺」は蘇我馬子によって飛鳥時代に建てられた日本最初の本格的な仏教寺院「法興寺」をその起こりとする寺だ。創建は593年。本堂及び禅堂

続きを読む

唐招提寺

  鑑真和上の寺 くすみがかった白壁に朱色に塗られた梁や柱。中ほどに掲げられた扁額には二列に文字が並ぶ。唐招提寺の入り口、南大門。両側には背丈より高い土壁が続き、松の木が覆いかぶさるようにして生えている。その切

続きを読む

薬師寺

  法相宗の大本山 奈良東大寺の西南、唐招提寺の南側に位置し、近鉄橿原線「西ノ京駅」から徒歩ですぐの場所にある寺が薬師寺だ。少し離れた位置からも、立派な仏塔が二つ目に飛び込んでくるのですぐわかるだろう。日暮れ間

続きを読む

法隆寺

  世界最古の木造建築 建築は凍った音楽だという。共に絶対の均衡を保つためには、厳密さと厳正さが要求される。完成品がいかに壮大であろうとも、その制作には一つ一つ部品(ノート)を丹念に積み重ねていかなくてはならな

続きを読む