日本の絶景を巡る旅 島根県出雲市の日御碕で絶景を堪能する!

出雲大社から車で25分 日本海の絶景を見られるポイントとして知られる「日御碕」で迫力ある地形と日本海の競演を楽しむ旅へご案内します。

日御碕

日本海の絶景を堪能

日御碕

島根県出雲市。縁結びの神社としても名高い「出雲大社」から北西へ10キロメートルほど行った場所にあるのが日御碕(ひのみさき)です。島根半島の最西端、日本海に突出すようにして位置するこの日御碕(ひのみさき)は、複雑な形状をした断崖や岩礁の続く、荒々しい景観が印象的な岬です。

日本海沿岸部には、日本海の絶景を楽しめるスポットが数多く点在していますが、こちらの日御碕も日本海の絶景を見られるポイントとして知られる所。荒々しくも美しい日本海と迫力ある地形の競演を楽しむことができる、島根でも有数の絶景スポットです。

日御碕

というわけで、早速日御碕に行ってみましょう。

日御碕は、出雲大社からだと、まず出雲神話の舞台である「稲佐の浜」を目指すとわかりやすいです。「稲佐の浜」から海沿いの県道29号大社日御碕線を北上します。

晴れていれば左手側に海を見ながら、最高に気持ちの良いドライブができる道です。所々狭くなっていたり、カーブやトンネルがありますので気をつけて運転してくださいね。

稲佐の浜

時間にして大体、約20~25分ほどでしょうか。右手に日御碕神社へ行く道(神社へのルートは、県道から一度右折し、ぐるりと回って県道をくぐるので、神社は進行方向左手側となります)が出てきたら、日御碕の駐車場はもうすぐそこです。

日御碕神社

駐車場周辺には観光案内所のほか、食事処や休憩所を兼ねた土産物店などもあるので、散策前や後に腹ごしらえや休憩を取ることもできます。

焼きイカ、サザエ、ノドグロの一夜干しなど、近海で採れた新鮮な海の幸やそれらをふんだんに盛り込んだご当地海鮮丼、ソフトクリーム、かき氷などが楽しめます。また、宿もあるので、そちらで一泊して夕日の日御碕や、夜空と灯台を楽しむ、というのも一興です。

夜の日御碕灯台

駐車場からは徒歩で日御碕を目指しましょう。といっても、ほんの散歩程度の距離です。駐車場から海が見える所まではいくつか道がありますが、まずは岬に立つ「出雲日御碕灯台」を目印に歩くとよいかもしれません。

日御碕灯台
日御碕灯台

この白亜の灯台は日本一の高さを誇る灯台で、切り出された石と内側にレンガを積んで造り上げられた二重構造となっています。「世界の灯台100選」にも選ばれているそうで、なるほど、しゅっとした均整のとれた外観はとても美しいものです。

日御碕

さて、灯台を堪能したら、岬の道をまた歩きましょう。

灯台も中々のものですが、やはりこの日御碕に来たら印象深いのがその地形。地質マニアならずとも目を見張りたくなるような、幾何学的な模様の岩々が連続しています。かの有名な福井の東尋坊にも匹敵するような迫力の風景。

日御碕
日御碕

これらの、ごつごつとした岩肌、深くえぐられた断崖が連なる地形は、気の遠くなるような長い時間をかけて、隆起した地面が波風に浸食され、出来上がった「隆起海食台地」とよばれるものだそう。

日本海の荒波に洗われた断崖絶壁の、力強くて複雑な模様と形状は、まさに自然の力の大きさを肌で感じることができるもので、都会暮らしでは中々出会えない「リアルな自然」を体感する瞬間です。

日御碕

日御碕の道は、松林や崖のそばを通りながら海沿いに続きます。多少の起伏はありますが、足元は整備されていて歩きやすいです。

灯台から右方向へ100メートルほど行くと崖の上に柵があり、ベンチがあって一休みできるようになっています。そこから見る風景はまさに絶景。日本海に突き出た半島と海に浮かぶ岩々。そして松の木々。

「日本の景勝地」と呼ぶにふさわしい美しい風景です。また、灯台から左方向に行くと鳥見台と呼ばれる場所や休憩所などもあり、同様に迫力の風景を堪能できます。

迫力という意味では、灯台の右手側より、こちら側の方が、より迫ってくるような風景を見ることができます。こちら側にもベンチが点在しているので、ちょいと一休みしたい時にも便利です。

日御碕

日御碕

日御碕

日御碕

この日御碕の遊歩道は、駐車場を拠点に扇形のような形で伸びているのでどちら側に歩いても駐車場に帰りやすいのもポイントです。

風が強い日などは注意が必要ですが、晴天の日には最高の風景に出会えるこの日御碕。

出雲大社を訪れた際には、是非とも足を運んでみてください。素晴らしい夕日の風景を見ることもできますよ。

Japan web magazine’s recommend

日御碕

+-で地図を拡大縮小

Share