『神の手●ニッポン展』開催 目黒雅叙園 2015年5月29日(金)~6月28日(日)

img_60114_4

東京都目黒区にある目黒雅叙園にて、本日2015年5月29日(金)から6月28日(日)までの日程で、神の手を持つ日本人作家6人の合同展『神の手●ニッポン展』が開催される。

img_60114_2

人間技とは思えないほどの細やかで高度な技術を駆使して作り上げられた作品が、目黒雅叙園内の木造建築「百段階段」に展示される催しで、「これ、本当に人が作ったの?」と思わず目を疑いたくなるような世界観を体感できる。

「紙の魔術師」とも呼ばれるペーパーアーティストの太田隆司氏、「ビーズの織姫」の名を持つビーズアーティストの金谷美帆氏らが参加。日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、探究心や真摯さにあらためて気づいてもらうことで、日本人としての誇りや元気を目覚めさせる、という特別企画展。

匠を感じる、繊細さが見える、そうした日本のものづくりスピリッツをぜひあなたも感じてみませんか?

img_60114_3文化財「百段階段・漁樵の間」

◆アーティスト紹介
・太田隆司/ペーパーアーティスト 「紙の魔術師」
日本大学芸術学部デザイン学科在学時より自動車のイラストを描きはじめ、卒業後ペーパーアート作品の制作に専念。テレビ東京の「TVチャンピオン」ペーパークラフト王 選手権にて優勝するなど、多数の受賞歴を持つ。

・金谷美帆/ビーズアーティスト 「ビーズの織姫」
テレビアナウンサーを経て、1998年よりビーズ創作活動を始める。代表作として「総ビーズ織り和衣裳」(165万余粒使用)、「総ビーズ織り六曲屏風 鎌倉」(2009年ギネス世界記録認定。206万3738粒使用)などがある。

・島木英文/ミニチュアハウスアーティスト 「遠近法の匠」
ミニチュア工房「カサ・デ・トンタ」主宰、岩国市で活動。元建築士と言う経歴を生かして、古民家を20分の1で忠実に再現。受賞歴:第15回ユザワヤ創作大賞展金賞、第18回ハンズ大賞入選ほか多数。

・SouMa/立体切り絵アーティスト 「立体切り絵のプリンセス」
美術やデザイン関係の学校で学んだ経験はなく、全て自身の感性に任せて作品を創作。唯一無二の独創的な作風は非常に多岐に渡っており、従来の「切り絵作家」という枠を完全に超えた創作活動を展開している。現在、松江観光大使でもある。

・HIROKO/ポップアップアーティスト 「紙の建築家」
90年代前半、ポップアップに出合い、独学で仕組みを研究、制作を始める。2005年第15回紙わざ大賞準大賞受賞を機に本格的に制作を再開。2007年経済産業省を退省し、ポップアップアーティストへ転身。現在、国内外で作品が紹介されている。

・山田卓司/ジオラマアーティスト 「情景王」
プロデビュー以前より田宮模型主催「人形改造コンテスト」の常勝メンバーとして名を馳せる。TVチャンピオンプロモデラー選手権で最大3連覇、5回優勝。その情景を切り取るセンスのよさから「情景王」の異名をとる。

Japan web magazine’s recommend

Share