松江神社

14

松江城の二の丸に鎮座する松江神社は、1877年(明治10年)に旧松江藩の人々により創建された楽山神社を発祥とする神社。その後、1899年(明治32年)に、西尾町にあった1628年(寛永5年)創建の東照宮を合祀し、現在の松江神社となった。

主祭神として松江藩の藩主・松平直政を祀っているほか、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将で松江藩の祖である堀尾吉晴、不昧公として知られる七代藩主・松平治郷、および徳川家康を祀っている。

本殿は1628年(寛永5年)、拝殿は1661年(寛文元年)に築かれた権現造り、手水舎は1639年(寛永16年)に造られたもので、東照宮のあった場所から移築されたもの。

15

Japan web magazine’s recommend

地図

Share