石川県九谷焼美術館

2015年に開窯360年を迎える九谷焼は大胆な構図とあざやかな色彩で絵付けされた色絵磁器で、国内はもとより、世界でもその美しさと美術的価値が高く評価されている磁器。

「石川県九谷焼美術館」は、石川県を代表する伝統工芸品でもあるこの九谷焼を専門に、作品の展示紹介する美術館として2002年4月に開館した美術館。

江戸時代前期、江戸時代後期、明治時代~昭和時代前期、昭和時代後期~現代、と大きく4つに分けられる九谷焼の名品を展示するほか、「古九谷浪漫 華麗なる吉田屋展」「湖東焼と九谷焼展」といった特別展を開催している。

kutani2

kutani3
写真提供:石川県九谷焼美術館

「古九谷の杜親水公園」内にあり、光と風を感じながら、四季折々の美しい姿を楽しめる「庭園ミュージアム」として、近隣の人々の憩いの場ともなっている。

Japan web magazine’s recommend

Share