識名園

識名園

琉球廻遊式庭園

1799年に完成した琉球王家最大の別邸。主に王族の保養や中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待など外交の場として使用された。琉球独自の意匠と中国の影響の入り混じったデザインで、池の周りを回遊しながら四季折々の風景が楽しめる「廻遊式庭園」。池を中心に、御殿、六角堂、勧耕台、石橋、碑文等が配置されている。1941(昭和16)年、国の名勝に指定されたものの、戦争で壊滅的な被害を受け、戦後復元される。1976(昭和51年)年、国の名勝に再指定、さらに2000(平成12)年には国の特別名勝に指定された。敷地面積は41,997平方メートル。

識名園の魅力をフルスクリーンで見る(自動再生・全16ページ)

識名園
識名園

識名園

六角堂

識名園
識名園
識名園
識名園

   

識名園識名園
識名園

育徳泉

識名園

識名園

御殿(ウドゥン)

識名園
識名園
識名園
識名園
識名園

識名園識名園
識名園

駕籠屋

識名園

真珠道(まだまみち)

正門から池へと続く石畳の道は、真珠道(まだまみち)と呼ばれ、かつては首里城まで続いていたという。

識名園正門

正門

 

王族や冊封使はこの門から出入りした。

識名園
識名園

勧耕台からの眺め

中国の使節(冊封使)に、琉球王国が大きな国であると思わせるため、あえて海の見えない場所を選んで造られたとか。

識名園
識名園

Japan web magazine’s recommend

Share