稲庭うどん

稲庭うどん

透明感のあるうどん

うどんといえば全国的には讃岐うどんが有名だが、秋田の稲庭うどんも負けてはいない。太くてコシの強い讃岐うどんとは対照的に、細くて透明感のある稲庭うどんはするっとした上品な喉越しが特徴で、清涼感に溢れている。細いながらもコシがあり、舌触りも滑らかで、お酒を飲んだあとでもぺろっと食べれてしまう。冷やしても温かくしても美味しい。この稲庭うどん、17世紀には既に存在していたといわれ、長い間地元の人々に愛されてきた秋田の名物うどんなのだ。

稲庭うどん
Share