萬翠荘

萬翠荘
萬翠荘
写真:愛媛県観光物産協会

松山城のある城山の南麓に建つ萬翠荘(ばんすいそう)は、1922年(大正11年)に、旧松山藩主の子孫・久松定謨伯爵の別邸として建てられたフランス・ルネッサンス様式の洋館。

陸軍駐在武官としてフランスに長く滞在した伯爵はフランス通として知られ、随所にフランス風の意匠が見られる。当時は、各界の名士が集まる社交場として賑わったといい、皇族の方々が松山を訪れた際にも、この萬翠荘に立ち寄ったという。

地上2階、地下1階の建物は、松山出身の建築家・木子七郎の設計・施工によるもので、国の重要文化財に指定されている。

Share