箱根関所

江戸幕府によって、芦ノ湖のほとり、山と湖に挟まれた東海道の要衝に、箱根関所(箱根関)が設置されたのは、1619年(元和5年)のこと。元々、この地は西から関東方面へと至る交通の要衝であり、関東防衛の拠点として重要視されてい

続きを読む

大涌谷

大涌谷は、今からおよそ3000年前に箱根火山が水蒸気爆発をおこしてできた爆裂火口を中心に出来上がった崩壊地形。硫黄の匂いと荒々しい風景が広がる中、そこかしこで噴煙を噴き出している迫力ある光景を間近に目にすることができる場

続きを読む