第27回やつしろ全国花火競技大会 2014年10月18日(土)  熊本

yatsushiro

 2014年10月18日(土)、熊本県八代市の球磨川河川緑地にて、「第27回やつしろ全国花火競技大会」が開催される。
 
 全国的に見ても数少ない、西日本においては唯一の「花火競技大会」で、各地から30業者(うち九州から9業者)がそれぞれ自慢の花火を出品し、その美しさ、完成度、デザインを競い合う。 
 
 プログラムは、全長300メートルにも及ぶナイアガラ花火で幕を開け、「全国・九州の部5号玉」(全国・九州の30業者5発連続打上げ)、「全国の部10号玉」(全国の21業者1発打上げ)、九州の部スターマイン(九州の9業者250発連続打上げ)と続く。音楽に合わせて打ち上げられるミュージック花火、そして、フィナーレの「花火師との光の交流」も見逃せない。エキサイトシート(一人3500円)、ドリームシート(一人2500円)、スタジアムシート(一人1500円)と有料観覧席も用意され、絶景ポイントで花火を楽しむことができる。

 花火大会に先立ち、昼12時から八代の物産展が開かれるほか、14:00と15:30から、萩原会館にて、やつしろ花火の楽しみ方を講師が教える花火セミナーも行われる。フォトコンテストも行われるので、腕に自信のある方は、応募してみてはいかがだろう。最優秀賞として、賞金5万円と記念品、賞状が贈られる。くまもんの絵柄もかわいい大会オフィシャルグッズも発売されるので、気になる方は要チェック。

 八代ならではの最先端技術を駆使した打ち上げ、その距離感に度肝を抜かれたと感想を漏らす人もいる迫力の花火大会。秋の夜空に咲く美しい大輪の花。それはきっとあなたの心の中にも綺麗な花を咲かせることだろう。季節柄、夜は寒くなるので、防寒対策は忘れずに。

Japan web magazine’s recommend

Share