大阪城

大阪城

大阪のシンボル

駐車場に車を止めて歩き出すとすぐ目に飛び込んでくる南外堀。美しい曲線を描いて石垣がお堀へと落ち込んでいる。目を見張る大きさだが、それでも全体から見れば、ほんの一部分にしか過ぎないのだ。堀の幅があまりに広く、その位置からは天守閣も見えない。その圧倒的なスケール。二重の堀は江戸城すらも凌ぐ規模であったという。かつて、ここは天下の中心であった。その威光は歴史の狭間に揺れながら、形を変えて、今もまばゆく輝いている。

大阪城の魅力をフルスクリーンで見る

大阪城
大阪城
大阪城

南外堀と一番櫓

南外堀は大阪城の二の丸南側に位置する堀で、石垣の総延長は約2キロ、堀の最大幅は75メートルという壮大なもの。1628年(寛永5年)、徳川幕府の大阪城再築工事により、「豊臣氏大坂城」の堀跡に改めて石垣が築かれた。この改築工事には、諸大名に負担をかけ勢力をそぐという目的もあった。動員された大名は、肥前佐賀藩鍋島家や加賀金沢藩前田家をはじめ、57にのぼる。内側の石垣には一番櫓から七番櫓まで築かれたが、明治維新時の大火で四番、五番、七番、さらに太平洋戦争の空襲により二番、三番を消失、現在は一番櫓と七番櫓が残る。

大阪城
大阪城
大阪城

   

大阪城

桜門枡形の巨石「蛸石」

表面積は約36畳敷(59.43平方メートル)、重さ約108トンといわれる巨石。圧倒される大きさだ。

   

大阪城
大阪城
大阪城大阪城
大阪城
大阪城
大阪城
大阪城
大阪城
大阪城大阪城
大阪城
大阪城
大阪城

Japan web magazine’s recommend

大阪城

+-で地図を拡大縮小

Share