春日大社 ~写真で見る日本の魅力 日本の「いいところ」~ 

「古都奈良の文化財」として世界遺産にも登録されている春日大社は、奈良公園の隣に位置する神社。およそ250haという広大な「春日山原始林」を背景に鎮座する。 その歴史は古く、藤原不比等が藤原氏の氏神を春日の山に祀ったのがそ

続きを読む

惣社水分神社

宇陀地方の水の守り神 宇陀地方の水の守り神として芳野川(淀川源流)に創祀され、近隣の惣社として崇敬を受けてきた神社が惣社水分神社。宇陀水分三社(芳野・古市場。下井足)の上の宮。祭神は天水分神、国水分神、速秋津比古命・天之

続きを読む

金峯神社

金峯神社   吉野の最奥に佇む社 桜の名所として知られる吉野は一目千本と言われるその圧倒的壮観を表してエリアごとに山下から山上へ順に下千本、中千本、上千本と呼ばれている。さらにその奥、吉野水分神社から上のエリア

続きを読む

玉置神社

大峰山系の奥地にある聖地 奈良県の最南端に位置する十津川村にそびえる玉置山(標高1,076.4メートル)は、古くから修験者が修行を行い、「霊山」として敬われ信仰されてきた大峰山系の山の一つ。樹高28メートルの神代杉(じん

続きを読む

久延彦神社

知恵の神 三輪山の麓、大神神社にほど近い場所に鎮座する久延彦神社は、久延毘古命(くえびこのみこと)を祀る神社。三輪山をご神体とする大神神社の末社だ。 久延毘古命は「古事記」に、山田のそほど(かかしの古名)として現れ、大神

続きを読む

秋の法隆寺

  飛鳥の香りと秋の風 開門前の法隆寺は、その後やってくるであろう喧騒を微塵も感じさせぬほどにひっそりとしていた。秋の朝独特の、ひんやりとしていながらもどこか優しさのある香気を含んだ空気が心地よい。松やツツジと

続きを読む

宇太水分神社

水のまもり神 水の守り神として知られる宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)は宇陀市菟田野古市場にある神社。創建は崇神天皇(在位:開化天皇10年(紀元前148年) ~ 崇神天皇68年(紀元前29年)の時代と伝えられ、延喜式

続きを読む

吉野水分神社

  大和国四所水分社の一つ 吉野の中奥、車一台がようやく通れるほどの幅員の道をゆっくり進むと道が大きく右に折れる場所に、古式ゆかしい楼門が印象的な神社が姿を見せる。それが、都祁水分神社、葛城水分神社、宇太水分神

続きを読む

春日大社

  奈良の都を護る古社 春日大社は、同じく世界遺産にも登録されているおよそ250haという広大な面積を誇る手付かずの原生林「春日山原始林」を背景に鎮座する神社だ。都(みやこ)がこの地奈良に遷都された710年、藤

続きを読む

元興寺

幻の塔 かつて東大寺や興福寺と並ぶ大寺院として栄え、南都七大寺の1つに数えられる寺院「元興寺」は蘇我馬子によって飛鳥時代に建てられた日本最初の本格的な仏教寺院「法興寺」をその起こりとする寺だ。創建は593年。本堂及び禅堂

続きを読む