大岩山 日石寺

大岩山 日石寺

真言密宗の大本山「大岩山 日石寺」

「大岩不動」「大岩のお不動さん」の名で親しまれる大岩山日石寺は、奈良時代の僧で東大寺の大仏建立の責任者も務めた高僧「行基」により725年(神亀2年)に開基されたと伝えられる古刹。国の重要文化財にも指定されている岩壁に直接刻まれた磨崖仏のご本尊で知られ、北陸随一の霊場として古くから人々に崇敬されてきた。山門や江戸時代に建立された三重の塔のほか六本滝(予約をすれば滝行もできる)、十二支滝、千巌渓(せんがんけい)など見所が点在している。参道の百段坂沿いには店や旅館が立ち並び、名物の「そうめん」やところ天、山菜料理、川魚などを提供している。

大岩山 日石寺

六本滝

大岩山 日石寺

大岩日石寺磨崖仏

大岩山 日石寺

三重の塔

大岩山 日石寺

大岩山 日石寺
写真提供:(公社)とやま観光推進機構

Memo

映画「劔岳 点の記」のロケ地になっており、参道のシーンなどがこちらで撮影されている。

Japan web magazine’s recommend

地図

Share