勝連城跡

勝連城跡

阿麻和利の城

中城湾と金武湾の間に位置する勝連半島の付け根部分、両湾を見渡すことのできる標高60m~100m程の丘にある勝連城は、13世紀から14世紀にかけて築城されたといわれる城だ。琉球王国時代には独自に海外との交易を行い、往時には首里城と並ぶほど栄えていたという。琉球統一を目論見、クーデターを起こした阿麻和利の城として有名。

勝連城
勝連城

一の郭へと続く石段

大勢の敵が攻めて来た時の事を想定して、石段を登るほどに先が細くなっている。

勝連城跡の魅力をフルスクリーンで見る(自動再生・全18ページ)

勝連城
勝連城

勝連城

   

勝連城勝連城
勝連城
勝連城勝連城
勝連城
勝連城
勝連城
勝連城
勝連城

ウシヌジガマ

ウシヌジガマと名づけられた二の郭の北西側にある洞窟。ガマは洞窟、洞穴のことで、ウシヌジとは「敵が攻めてきて、危険な時に身を隠してやり過ごす」という意味があるが、実際には隠れ場所としてではなく、拝礼する場所としての意味合いをもっていた。洞窟内には火の神(ヒヌカン)が祀られている。

勝連城
勝連城
勝連城勝連城
勝連城
勝連城
勝連城

Japan web magazine’s recommend

勝連城跡

+-で地図を拡大縮小

Share