宇治上神社

宇治上神社

現存最古の神社建築

京都の宇治川にかかる宇治橋のほど近く、平等院鳳凰堂の対岸に、落ち着いた雰囲気の中、静かに佇む神社が宇治上神社だ。創建年代は不詳だが、一間社流造りの三殿からなる国宝の本殿は現存するものとしては国内最古と言われる平安時代後期(1060年)のもの。同じく国宝である寝殿造の拝殿は、鎌倉時代前期に伐採されたとみられる桧が使われており、鎌倉時代の優れた技術を今に伝えている。主祭神は菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、応神天皇、仁徳天皇。

宇治上神社の魅力をフルスクリーンで見る

宇治上神社

桐原水の建屋

宇治上神社

拝殿

宇治上神社
宇治上神社
宇治上神社

本殿

   
    

宇治上神社宇治上神社
宇治上神社宇治上神社
宇治上神社宇治上神社宇治上神社宇治上神社
宇治上神社
宇治上神社

宇治上神社

Japan web magazine’s recommend

宇治上神社

+-で地図を拡大縮小

Share