総持寺

総持寺

曹洞宗大本山「総持寺」

総持寺は、福井県にある永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山。元は石川県にあったが、1898年(明治31年) の焼失後、1907年(明治40年) に官許を得たのち、現在の地に移ってきた。奈良時代、行基によって開基されたと伝えられるが、記録に残る開山は1321年(元亨元年)。夢のお告げに導かれた永平寺の高僧「瑩山紹瑾」が真言律宗の教院であった諸嶽観音堂に入山した事から始まる。ご本尊は釈迦如来。8万坪(約26万4千平方キロメートル)の広大な境内に仏殿、大祖堂など数多くの諸堂が点在する大寺院だ。

総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   
総持寺   

Japan web magazine’s recommend

総持寺

+-で地図を拡大縮小

Share