安国論寺

01

安国論寺は、神奈川県鎌倉市大町にある日蓮宗の寺院。この寺の境内にある洞窟「御法窟」で、日蓮が前執権で幕府最高実力者の北条時頼にむけ「立正安国論」を執筆したという古刹。長勝寺・妙法寺と共に、日蓮が鎌倉でおこなった布教活動の中心である松葉ヶ谷草庵跡とされ、「松葉ヶ谷霊跡安国論寺」ともいう。

境内の裏手にある「富士見台」からは、周辺の町並みや、由比ガ浜海岸などが一望でき、天候が良ければその名の通り富士山も見える。

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

Japan web magazine’s recommend

Share