旬の丹波黒を使った黒豆キャラメルスイーツ「豆果」5個入りパッケージ発売

日本一の丹波黒の生産地、兵庫県から届けられる和スイーツ

img_52994_1

兵庫県は最高級黒豆「丹波黒」の日本一の産地。11月から12月にかけて収穫の最盛期を迎える。その兵庫県丹波市に工場と自社農園を構える菓子メーカー「中島大祥堂」は、「丹波黒」を使用した和風キャラメル菓子「豆果(まめか)」の5個入りパッケージを発売した。

■ 日本一の丹波黒の生産地 兵庫県
丹波黒の特長は、まずその大きさ。大豆の大きさ(百粒での重さ)は、一般の大豆が30グラム程度であるのに比べ、丹波黒は80~90グラムと世界でも類のない大粒と言われている。煮ても皮が破れにくくよく膨らみ、漆黒の色つやと広がる芳香、そのもちもちした食感により極上の食味となる。その大きさや姿形の美しさ、美味しさから、京都をはじめとする各地の高級料亭などで用いられ、最近では洋菓子など、様々なお菓子にも使われている。ポリフェノールやイソフラボン等の成分が含まれることから、健康面でも注目されている。

■ 上質な大人に向けた、国産最高級品の組み合わせ
風味、大きさ、色などが優れ、最高級の黒豆として知られているこの最高級黒豆に、ほろ苦い甘みのあるキャラメルをコーティング。黒豆の風味を生かしたカリッとした食感を実現したのが「豆果」だ。さらに、バターをふんだんに使ったサブレ生地で挟み、日本人の味覚に合う斬新な和スイーツに仕上げている。20~30代の女性はもちろん、50代以上の世代からも好評で、発売から1年で1万個の販売を突破している。

■ 要望により手土産需要の5個入りパッケージ発売
豆果は発売以来、贈答用として8個入り、18個入りを販売してきたが、「味も良く見た目もかわいいので、もっと気軽に友達に配れるように小容量の商品が欲しい」という要望があったという。それらの声を反映し、このたび、5個入りパッケージの商品を発売。パッケージデザインも、これまでの商品に引き続き、テキスタイルブランド「SOU・SOU」とコラボレーション。自宅用に、また気軽な手土産、お祝いのお返しなどにも最適なお手頃価格と食べきりサイズとなっている。

【商品詳細】
商品名:豆果(まめか)
価格 :5個 702円(税込)、8個 1,080円(税込)、18個 2,160円(税込)
内容量: 5個(プレーン3個、チョコ2個)
     8個(プレーン4個、チョコ4個)
    18個(プレーン9個、チョコ9個)

■販売場所:中島大祥堂オンラインショップ
http://www.ntdshop.jp/

【会社概要】
商号 : 株式会社中島大祥堂
代表者: 代表取締役 中島 慎介
所在地: 大阪府八尾市北久宝寺2丁目2番1号
TEL  : 072-990-1120
FAX  : 072-990-1121
URL  : http://www.danke-net.co.jp/

img_52994_2
img_52994_3
img_52994_4
Share