東京駅八重洲にオイスターバー「THE CAVE DE OYSTER」  2014年11月19日ニューオープン!

1

東京駅八重洲地下街にプレミアムオイスターバー「THE CAVE DE OYSTER 」(ザ・カーブ・ド・オイスター)11月19日(水)ニューオープン!

2
漬牡蠣カルパッチョ¥1,204~日本食の調理法のひとつ「漬け」にした生牡蠣をわさびと山芋で~

◆「ワインサービングシステム」導入で、ヴィンテージワインも気軽にグラスで
店内中央には約50種類のワインを楽しめるワインサービングシステムを設置。プリペイドカード購入によるセルフサービスで、「ボルドーの5大シャトー」やシャンパンやシャブリも、グラスで気軽に楽しめる。

◆オープニングフェア
11月19日(水)~30日(日)の期間限定
①シャンパン「モエ・エ・シャンドン・アンペリアル」を特別価格¥10,000で提供!
②17時以降に来店の全員に、生牡蠣1ピースをプレゼント!

3
牡蠣マリネ¥834~定番の牡蠣マリネも、酢味噌とタプナードで~
4
店内イメージ、天井高を極限まで広げゆったりとした落ち着いた空間に。

Japan web magazine’s recommend

◆欧米のオイスターバーを、日本発ブランドとして世界へ
2001年の1号店開業以来、現在全国に直営25店舗を数える「THE CAVE DE OYSTER 」は、メニュー・器などに「日本の食文化」を取り入れて、欧米のオイスターバーを和のテイストでアレンジしている店。安心して牡蠣を食べてもらうために安全性への追求にも取り組み、2007年9月には、自社で牡蠣の浄化センターを広島県呉市倉橋島に設立。2011年より牡蠣の自主検査結果の開示を開始、2014年8月には富山県入善町で世界で初めて海洋深層水を使った牡蠣の浄化を始めている。

Share