• Home »
  • JWMのおすすめ 本 »
  • 難病ALSにかかりながらも日本移住を選んだイギリス紳士がつづった日本滞在記「ある英国人が愛した素顔のニッポン」

難病ALSにかかりながらも日本移住を選んだイギリス紳士がつづった日本滞在記「ある英国人が愛した素顔のニッポン」

b1

日本人女性と結婚することを決めたイギリス人、マルコム・デイビット・ワトソン。しかし結婚式直前で難病ALSを発症してしまう。それでも彼は日本移住を決断し、妻と共に未知の国、日本へと旅立つ。そんな彼が住んでみた日本は、驚きと感動の連続だった。親切な人々。イギリス以上に発達した福祉。そして、彼は車イスに乗って東京を走り回り、その驚きと感動を日記形式で綴り始める・・・。

本書は著者が2013年に、英国にいる家族や友人にあてて英語で書き記した日本滞在記を元に翻訳及び加筆したもの。他の外国人による日本論本と大きく違うのは、著者がALSという難病を患っており、これまであまり語られなかった日本の福祉事情などもその独特の視点により描かれている点だ。

また、車イス生活を送りながらも決して悲観的にならず、かつイギリス紳士らしくウイットに富んだ表現で、政治・文化・日常生活・日々のニュース、そして、もちろん福祉について綴られており、包括的な現代ニッポン考察本となっている。

日本人が気付かない日本のよさや素晴らしさ(もちろんおかしな点も含めて)を、一人のイギリス人が愛情あふれる筆致で教えてくれる1冊だ。

関連商品

Share