あしかがフラワーパーク 「光の花の庭」 イルミネーション2014-2015

ashikaga3
写真提供:あしかがフラワーパーク

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」で、イルミネーションイベント「光の花の庭」が開催中。(2015年2月5日まで。)

92,000㎡の園内を250万球を超えるLEDでライトアップするイルミネーション。「東京ドイツ村」「江の島 湘南の宝石」と共に夜景観光コンベンション・ビューローによって「関東三大イルミネーション」に認定されているほか、2014年10月29日には、夜景鑑賞のプロである全国4,300名の「夜景鑑賞士」が2013年に実際に行って良かったと思うイルミネーションを投票で選出した「第2回イルミネーションアワード」でイルミネーション部門の全国第一位を獲得しているイルミネーションだ。

ashikaga
「みんなの地球」

見る角度で色味が変化する、世界初の有機ELパネルを用いたイルミネーションで、2枚の翼がまるで羽ばたくように胴体のフォルムに変化を生みだす「未来への翔き(はばたき)」、幾千の星々のパノラマが広がる「スターライトマジック」、地球をテーマに、水面を利用することで光の量を2倍にしてさらに幻想的な空間を演出した「みんなの地球」、開園当初の72㎡から1,000㎡まで成長を遂げた藤の奇蹟的な生命力をモチーフに、まるで春の藤を見るかのように、咲き始め~満開~舞い散るまでのストーリーを表現した「奇蹟の大藤」、山の斜面を利用し作り上げる光の壁画で、圧倒感がありながらもじっくり魅入ることのできる演出で心に残っている古き良き故郷の情景を表現した「日本の四季」など、一度目にしたら、忘れられない煌めきの世界が広がっている。

ashikaga4
ashikaga5
「奇蹟の大藤」
ashikaga6

Japan web magazine’s recommend

Share