かいさまずし

かいさまずし

たちうおのかいさまずし

かいさまとは土佐の方言で「さかさま」のこと。通常の寿司とは違い、皮目を下に、身を表にして作ることからこう呼ばれる。魚(主に太刀魚・イワシなど)を捌いた際、皮をそいだ後の見た目がまだらになってあまり綺麗ではないので、身を裏返し(かいさま)にしたのが、皮目を下にした形の寿司になった理由とか。柚子の香りが食欲を増進させる郷土寿司だ。

かいさまずし
Share