JAPAN WEB MAGAZINE

Look beyond the cliche, reach for the real Japan

ガラカブの唐揚げ

「ガラカブの唐揚げ」

ガラカブとはカサゴ(ガシラ)の事。赤褐色~山吹色の体と大きめのヒレを持ち、一目でそれとわかる少々派手な見た目をした、煮付けにしても唐揚げにしてもおいしい魚だ。中でもアヤメカサゴのことを、熊本ではガラカブ(またはアラカブ)と呼ぶ。ガラカブは食欲が旺盛で比較的釣りやすいので、釣り人に人気の魚だが、食事処や飲み屋に足を運ぶ人たちにもまた人気の魚だ。メニューに載っていても品切れの事もままあるほど。魚は見た目が拙い魚ほど美味しいという定説通り、大変味の良いことで知られていて、引く手数多なのだ。特に、このガラカブを背中側から開き、唐揚げにしたものにちょいと塩を振り、手で持ってばりばり食べると、もう最高。勿論、刺身、味噌汁、煮付けに塩焼き、照り焼きも美味。

All photographs & texts ©TOI/JWM unless otherwise stated. Copyright © Japan web magazine 2012 Japan web magazine.com   All Rights Reserved.