静岡県を舞台にした作品 短歌(和歌) 俳句

短歌・和歌

「田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」万葉集 山部赤人
「駿河の海おし辺に生ふる浜つづら汝を頼み母に違ひぬ」 万葉集 作者不詳
「廬原の 清見の崎の 三保の浦の ゆたけき見つつ 物思ひもなし」万葉集 田口益人
「あづまぢの浜名の橋を来て見れば昔恋しき渡りなりけり」後拾遺和歌集 作者不詳
「年ふれば駿河なるてふ有度浜のうとくのみなどなりまさるらむ」古今和歌六帖 作者不詳
「駿河なる田子の浦浪立たぬ日はあれども君を恋ひぬ日ぞなき」古今和歌集 作者不詳

「今ゆのちいくばく吾は生くらむと思ひつつ三島の納豆買ひつ」斉藤茂吉

俳句

「梅若菜 まりこの宿の とろろ汁(じる)」 松尾芭蕉
「駿河路や 花橘も 茶の匂ひ」松尾芭蕉
「五月雨の 空吹きおとせ 大井川」 松尾芭蕉
「菜の花のとつぱづれなり富士の山」小林一茶
「夕不二に尻を並べてなく蛙」小林一茶
「蜻蛉の 尻てなぶるや 大井川」 小林一茶
「大井川 見えてそれから 雲雀かな」小林一茶
「五月雨の 大井越したる かしこさよ」与謝蕪村
「大名に 馴染みの鮎や 大井川」森川許六
「紙子きて 渡る瀬もあり 大井川」宝井其角
「何時しかに 稲を干す瀬や 大井川」宝井其角
「水に日の ある日や秋の 大井川」大江丸

Share