石川県輪島漆芸美術館

img_53913_1
写真提供:石川県輪島漆芸美術館

日本が世界に誇る優れた工芸の一つ漆芸。石川県の輪島市は、日本を代表する高級漆器「輪島塗」の産地だ。

「石川県輪島漆芸美術館」は、そんな輪島市で、世界に誇る優れた漆文化の発信拠点として、1991年(平成3年)に開館した世界で唯一の漆芸の美術館。「より多くの人々に漆芸への理解を深めてもらうと共に、未来に向けて新しい漆文化の発信基地でありたい」という目的で開かれ、常時全室で漆芸品を展示している。

館内では、漆塗りの椅子に腰かけながら、漆器の製作工程や漆芸作家の作品世界を紹介するビデオを鑑賞したり、充実した漆芸・美術工芸図書を自由に閲覧することができる。展示では、四季折々の展覧会のほか、日本を代表する漆器として知られる輪島塗の歴史と文化を常時紹介。外観は正倉院の校倉造をイメージした特徴的なデザインとなっている。

Japan web magazine’s recommend

Share