• Home »
  • News & Events 一般 »
  • 夏のイルミネーションが文化財を鮮やかに彩る  『和のあかり×百段階段』展 2015年7月3日(金)~8月9日(日)開催

夏のイルミネーションが文化財を鮮やかに彩る  『和のあかり×百段階段』展 2015年7月3日(金)~8月9日(日)開催

夏のイルミネーションが文化財を鮮やかに彩る『和のあかり×百段階段』展が、東京都目黒区にある目黒雅叙園内・東京都指定有形文化財「百段階段」にて、2015年7月3日(金)~8月9日(日)の日程で開催される。

百段階段には、昭和初期を代表する126枚の日本絵画に囲まれた色彩豊かな部屋が7つあり、「日本の祭りのあかり」「和紙のあかり」「草木が照らすあかり」など日本人が愛してきた風情ある“和のあかり”が各部屋を灯し、夏のイルミネーションとして彩る。また、園内のパブリックスペースやレストランなどでも様々な「和のあかり」が灯され、計12種類のあかりが夏の目黒雅叙園を優美に演出する。

img_61883_2

img_61883_3

img_61883_4

img_61883_5

img_61883_6

img_61883_7

青森のねぶた祭り、秋田の竿燈まつり、宮城仙台の七夕まつりの東北三大祭りをはじめ、各地の「祭りのあかり」が集結、可愛らしい金魚の形をした提灯を灯し、大人から子供まで楽しめる山口県の「柳井金魚ちょうちん祭り」や、日本三大火祭りの一つである「山口七夕ちょうちんまつり」の提灯が部屋一面に展示される。

祭り気分が更に盛り上がる、浴衣の着付けがセットになった見学プランが用意されるほか、和のあかり展に出展される葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」をヒントに海の青と波しぶきをイメージしたカクテル「北斎」を楽しむこともできる。また、出展者・川村忠晴氏の“草木のあかり”バージョンに装飾されたカフェ&バー「結庵」では、展覧会のチケット、コラボカクテルとオードブル各1品がセットになったプランも用意されている。

・セットプラン カフェ&バー「結庵」 セットプラン 2,500円(税・サ込)
・コラボカクテル カフェ&バー「結庵」・中国料理「旬遊紀」・西欧料理「クラブラウンジ」にて販売

<浴衣で見学&料亭ランチ【女性限定】>
毎年人気の展覧会のチケットと浴衣セット&着付けがついたお得なランチプラン。
浴衣に着替え、茅葺屋根の料亭での食事を楽しんだ後、浴衣姿で見学する“和のあかり展”は格別。
和のあかり展開催中は文化財内での写真撮影が可能。(金・土・日・月・祝開催)
・日本料理「渡風亭」 10,186円(税別・サ込)

Japan web magazine’s recommend

■文化財「百段階段」と各部屋の展示作品の紹介 文化財「百段階段」とは?
会場となる「百段階段」は、2009年に東京都の指定有形文化財に指定された、目黒雅叙園に現存する唯一の木造建築。99段の階段廊下を持つことから「百段階段」と呼ばれ、階段廊下の南側には7つの部屋が連なっている。「和のあかり×百段階段」展では部屋ごとにテーマを設け、日本の風情あふれる全国各地の“和のあかり”が百段階段を彩る。

<展示会場>
[百段階段・部屋名]  [テーマ]
十畝(じっぽ)の間    葛飾北斎のあかり(葛飾北斎の「浮世絵あかり行燈」)
            江戸職人のあかり(江戸切子、かんざし、漆、組子)
漁樵(ぎょしょう)の間  祭りのあかり(青森県青森市ねぶた祭)
草丘(そうきゅう)の間  夏のあかり(江戸風鈴とアートの竹林)
静水(せいすい)の間   暗闇に浮かぶ月のあかり(美術家 中里繪魯洲の世界)
星光(せいこう)の間   草木のあかり(造形作家 川村忠晴の世界)
清方(きよかた)の間   和紙のあかり(岐阜県・美濃市「美濃和紙あかりアート展」)
頂上(ちょうじょう)の間 提灯のあかり(山口県・柳井市「柳井金魚ちょうちん祭り」/山口県・山口市「山口七夕ちょうちんまつり」)
エレベーターホール   いけばなのあかり(暗闇に浮かぶいけばなアート)

[パブリックスペース] [テーマ]
招きの大門       祭りのあかり(秋田県秋田市「秋田竿燈まつり」/宮城県仙台市「仙台七夕まつり」)

<園内レストラン等での展示>
[展示場所]     [テーマ]
カフェ&バー「結庵」 草木のあかり(造形作家 川村忠晴の世界)
日本料理「渡風亭」  組子行燈によるライトアップ ※「竹坡の間」限定
庭園の滝       滝のライトアップ

Share