価格は54万円!伝統工芸とポップアートと飴が出会ったら

味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル 特別限定商品「Andy Warhol×Japan Box」を30個限定、54万円で販売

main

UHA味覚糖株式会社は、同社が2015年3月2日(月)に発売した「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」全30種がコンプリートされた特別限定商品「Andy Warhol×Japan Box」を30個限定、54万円(税込)で2015年4月30日(木)まで受注販売している。

代官山T-SITE 代官山 蔦屋書店にて、 同書店が扱うアンディ・ウォーホル関連書籍と合わせ、「Andy Warhol×Japan Box」の展示および「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」のアート缶全30種の展示と販売も開催中だ。

sub1

sub2

木地に下地を施し、そこに本漆の上塗りを行い、表面にはアンディ・ウォーホルの代表作のひとつである「Flowers」を、彼の代表的な作画手法シルクスリーンで絵付け

sub3

sub4

sub5

©®TM The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.

【Andy Warhol×Japan Boxとは】
味覚糖のど飴缶とアメリカンPOPアートと日本の伝統工芸の「美と遊」

「UHA=遊波」のコンセプトから生み出された味覚糖のど飴缶。日本の伝統工芸は、「美しさ」と共に「楽しむ」ことにも重きをおきながら、職人による手作業で少量生産品として、過去から現在まで発展してきた。一方、アンディ・ウォーホルにおいては、アート(美)を楽しみながら、西洋美術の伝統的な基準とは異なったシルクスリーンを使った大量生産技術によって、アート制作の新たなアプローチを築いた。相反するスタイルの両者それぞれが追い求めた美しさの表現の共通点を「味覚糖のど飴缶」が媒介することで、双方から「美」と「遊」の発見を引き出し彩ることを目指した商品だ。

【コンセプト】
喉をいたわる商品特性から、「薬箱」をモチーフに制作された。2015年3月2日(月)に発売された「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」のアート缶全30種が全て納められたコンプリートBOXとしても楽しめるだけではなく、大切なものを保管する箱としても利用できるよう、漆を使用した箱となっている。日本では古来より印籠を始めとする多様な薬箱が作られており、腐敗せず水も通さない漆が施されていたといわれている。

【商品について】
漆箱制作にあたっては、木地に下地を施し、そこに本漆の上塗りを行い、表面にはアンディ・ウォーホルの代表作のひとつである「Flowers」を、彼の代表的な作画手法シルクスリーンで絵付けを施してある。漆箱を収めることの出来る外箱は、シルバーファクトリー、シルバークラウドなど、彼が好んで使用していた“シルバー”を銀箔で表現。

【商品スペック】
サイズ
外箱 W:186 H178 D:267mm  内箱 W:162 H162 D:243mm
※どちらも箱を重ねた状態のサイズ。

素材
外箱 木地:木材 漆:本漆手塗り 銀:銀箔
(ウレタン塗装で銀箔を保護)
内箱 木地:木材 漆:本漆手塗り シルクスクリーン:ネオ漆
敷台 木地:木材 漆:本漆手塗り 銀:銀箔(ウレタン塗装で銀箔を保護)
※敷台は底上げ板のこと。

〇特別限定商品「Andy Warhol×Japan Box」 内容
・ Andy Warhol×Japan Box 1点
・「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」30個(グレープ味)
・「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」アート缶30種コンプリートセット(空缶のみ)

〇価格
54万円(税込)送料別途

※限定30個 受注生産制
※限定数に達し次第、予告なく受注受付を終了。
※受注生産となり、一点一点手作りの工芸品のため、約1ヶ月の生産期間を要する。
※販売については日本国内在住者限定となる。
※詳しくはUHA味覚糖 味覚糖のど飴サイトまで http://mikakuto-nodoame.jp/japanbox.html

代官山T-SITE 代官山 蔦屋書店で期間限定展示
代官山 蔦屋書店 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5

期間:2015年3月16日(月)~4月16日(木)迄(予定)
展示場所:2号館-1Fアートコーナー

sub8
代官山 蔦屋書店

【Andy Warhol×Japan Boxのディレクションと製造について】

MARUWAKAYA(ディレクション)
「時代に従うモノづくりではなく、時代を創造するモノづくり」をテーマにプロダクト・プロデュース、プロジェクト・プランニングに特化。伝統的な匠の技と、最新の技術力を融合・投影したプロダクトをプロデュースする。新進気鋭の彼らは、「伝統工芸」の魅力に着目しプロデューサーという立場で精力的に各プロジェクトに取り組んでいる。株式会社丸若屋  所在:〒107-0062 東京都港区南青山6-1-32 南青ハイツ601

漆琳堂(製造)
江戸中期より200年以上、現在の福井県鯖江市にて代々漆塗りを家業とし、塗師家として8代にも渡り漆塗りを継承してきた漆琳堂。漆に真剣に向き合い伝統を守りつつ、新しい漆器のイメージを発信している。株式会社漆琳堂  所在:〒 916-1221 福井県鯖江市西袋町701

<アンディ・ウォーホルについて>
アンディ・ウォーホル(1928-1987年)
アンディ・ウォーホルは1928年にペンシルベニア州ピッツバーグで東欧系移民の息子として誕生、20世紀のもっとも重要なビジュアルアーティストの一人としての地位を確立し1987年にこの世を去った。1950年代に商業デザインで成功を収めた後、芸術家として活躍。彼がつくる作品はこれまでの西洋美術の伝統的な基準とは異なったシルクスクリーンを使った大量生産技術によって制作され、アート制作の新たなアプローチとなっている。彼の作り出した作品と創造的遺産は、ファッション、音楽、広告、芸術など、世界中の現代文化に影響を与え続けている。

Share