富山ブラック

真っ黒い色をしたスープが特徴の富山ブラック(富山ブラックラーメン)は、富山市で食べられているご当地ラーメン。富山名物のラーメンだ。

1955年頃より提供されているラーメンで、汗を沢山かく肉体労働者の塩分補給や、食欲旺盛な若者のために醤油を濃い目にして作られたラーメンが発祥といわれる。客が白飯を持ち込んで、しょっぱめのスープと共にご飯も食べるスタイルが今でも受け継がれ、ラーメンと共にライスを注文する地元の人も多い。

Share