鳥取砂丘

鳥取砂丘

砂漠と見紛うばかりの砂の丘がどこまでも続く鳥取砂丘は、東西約16km、南北約2.4kmに広がる日本最大の観光砂丘。最大高低差は90mにもなり、砂丘のてっぺんから見渡す日本海と砂の海は壮観だ。「風紋(ふうもん)」と呼ばれる風によって形作られる筋状をした模様も知られている。

観光用のラクダもいてその背中に乗って砂丘を散策することができる。

Memo

1955年(昭和30年)に国の天然記念物に、2007年(平成19年)には日本の地質百選に選定されている。

関連リンク

Share