出世の石段祭

東京・港区にある愛宕神社で、9月22日から24日の間、愛宕神社例大祭が行われる。

人呼んで「出世の石段祭」と呼ばれるこの祭りは、東京では珍しい六角形をした神輿が、傾斜40度にもなる急こう配で知られる「出世の石段」を行く迫力の祭り。

神輿は、石川県輪島で制作された輪島塗の六角神輿で、地元の篤志家によって神社に奉納されたもの。本来は台車に載せて牛にひかせる「引き神輿」として作られたものだといい、江戸の頑丈な神輿とはまた趣を異にする細工が目を引く。

江戸の雰囲気を今に伝える神輿と担ぎ手の一団が、現代を象徴するような虎の門ヒルズやオフィス街を渡っていく。境内にはキッチンワゴン等「お楽しみ屋台」も多数繰り出して祭りを盛り上げる。

atago
出世の石段のぼり 写真提供:愛宕神社

Japan web magazine’s recommend

愛宕神社

Share